お任せください

柔軟性を活かして日本全国からのご相談に対応

お客様のお気持ちに寄り添う不動産会社を東京で営んでおり、離婚や相続による不動産売買のご相談を承っています。地方にも足を運び、気軽に対応しておりますので全国各地よりお問い合わせいただけます。

お客様に寄り添う不動産会社としての力

  • アイコン1

    経験

    積み重ねた豊富な実績

  • アイコン2

    連携

    士業とのネットワーク

  • アイコン3

    導く

    問題解消に向けて尽力

不動産売買

check!

土地の周辺情報や環境にも配慮

離婚による早期での売買手続きを円滑に進められるよう豊富な知見やスキルを活用

  • Point 01

    経験に基づいたご提案を準備

    「離婚により家を売りたい」「空き家を処分したい」など様々なご相談に対応できるよう、豊富な経験と実績を活かしたアドバイスを心掛けております。北海道からのご依頼にもお応えしておりますので、気軽にお問い合わせいただけます。

  • Point 02

    幅広い売買に精通する実績

    長年、不動産業に携わり、東京を中心に実績と経験を積み重ねてまいりました。相続や住み替え、空き家など幅広い不動産売買をお手伝いしてまいります。臨機応変に対応してまいりますので、お悩みやお困りごとなど気軽にご相談ください。

  • Point 03

    円満なお手続きを心掛ける

    家や土地を手放したい方や新たに購入したい方に向け、不動産売買のご相談を承っています。離婚による売買をご希望の方にも士業とのネットワークを構築しており、お客様のご相談内容に合わせた対応を心掛けています。

POINT

夫名義の家を売却する際の不動産売買のポイント

夫名義の家を売却する際の基本知識

夫名義の家を売却する際には、所有権や財産分与などの法的な問題について理解しておくことが重要です。

売却の理由によって、注意すべきポイントが異なるため、事前に把握しておく必要があります。

円滑な売却を進めるためには、夫婦間での合意形成が不可欠です。

話し合いを重ね、売却理由や売却価格、売却益の分配方法などについて、両者が納得できる合意を形成しましょう。

合意内容は書面化し、署名捺印することで、トラブルを未然に防ぐことができます。


夫名義の家の所有権について

夫名義の家であっても、妻が共有持分を有している場合があります。

婚姻期間中に取得した財産は、原則として夫婦の共有財産とみなされるため、売却に際しては妻の同意が必要となる可能性があります。

また、離婚時の財産分与においても、夫名義の家が対象となることがあるため、夫婦間での話し合いが重要です。

内諾書を作成し、売却に関する合意内容を明確にしておくことで、トラブルを防止できます。


夫婦の財産分与との関係

婚姻期間中に取得した財産は、原則として夫婦の共有財産とみなされます。

そのため、離婚時の財産分与において、夫名義の家も対象となる可能性があります。

財産分与の方法や割合については、夫婦間での話し合いが重要です。

双方が納得できる分配方法を決定し、書面化しておくことで、円滑な売却につながります。


内諾書の重要性

内諾書は、夫婦間での売却に関する合意内容を書面化したものです。

売却価格や売却益の分配方法などを明記することで、トラブル防止につながります。

内諾書を公正証書化することで、法的効力がより強くなるため、安心して売却手続きを進められます。

内諾書の作成に際しては、弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

マサ不動産では士業との連携まできっちりとサポートしております。


売却の理由と注意点

夫名義の家を売却する理由は様々ですが、離婚、夫の死亡、債務整理などが主なものです。

売却理由によって、注意すべきポイントや必要な手続きが異なるため、早めに把握しておくことが重要です。

また、売却に伴う税金や手数料なども考慮に入れる必要があります。 専門家に相談しながら、適切な対応を行うことで、円滑な売却につなげましょう。

このページでは離婚について見ていきます。


離婚に伴う売却の場合

離婚に伴って夫名義の家を売却する場合は、離婚協議書や調停調書などで、売却に関する合意内容を明記しておくことが重要です。

売却益の分配方法や、売却までの生活費負担などについても、夫婦間で十分に話し合う必要があります。

子供の監護権や養育費なども、売却に関連する問題として考慮が必要です。

弁護士などの専門家に相談し、適切な手続きを進めましょう。


夫名義の家の売却に関するQ&A

夫の同意なしで家を売却できる?

原則として、夫の同意なしで家を売却することはできません。

夫名義の家は、夫の単独所有物件であるため、売却には夫の同意が必要です。

ただし、離婚調停や審判により、売却が認められる場合があります。

夫の同意が得られない場合は、弁護士に相談し、適切な法的手続きを検討することが重要です。


売却益の分配はどのように行う?

売却益の分配方法は、夫婦間の合意により決定します。

一般的には、持分割合に応じて分配する方法や、折半する方法などがあります。

売却益の分配に際しては、税金や手数料なども考慮に入れる必要があります。

分配方法について、夫婦間で十分に話し合い、合意形成を図ることが重要です。


まとめ

夫名義の家を売却する際は、所有権や財産分与などの法的問題について理解し、夫婦間での合意形成を図ることが重要です。

売却手続きを円滑に進めるために、不動産業者への依頼や必要書類の準備、買主との交渉などを適切に行う必要があります。

トラブル回避のために、内諾書の作成や弁護士の活用などの対策を講じることをおすすめします。

お気軽にご連絡ください

24時間対応でお待ちしております

株式会社マサ不動産のこだわり

迅速かつプライバシーを守りながら不動産売買を実現

東京で営む不動産会社として理想の売買成立を目指します

自然豊かな北海道の家や土地の売買をお考えの方に向け、ご相談からご契約まで丁寧にお応えする不動産会社を営んでおります。離婚による財産分与や各種手続きなど、複雑な内容も一つひとつ紐解きながら、お心に寄り添って対応してまいります。司法書士や税理士などの士業との連携を図れるため、分からないことや気になる点について専門的な知識や必要な情報のご提供も承ります。

「スムーズな手続きを望んでいる」「プライバシーを守りたい」など、ご依頼内容に合わせて適切にお話を伺っておりますので安心してご相談いただけます。都内をはじめ、地方での不動産業績も多数ございますので丁寧にお話を進めてまいります。24時間いつでもご相談を承っているため、お電話やメール、ホームページより気軽にお問い合わせください。

Company

都内から地方まで幅広い土地や建物のお悩みに寄り添う不動産の駆け込み寺

株式会社マサ不動産

住所

〒156-0045

東京都世田谷区桜上水2-7-17

Google MAPで確認する
電話番号

03-4285-1919

03-4285-1919

FAX番号 03-4285-4494
定休日

年中無休

代表者名 小野 政浩
ご実家より上京された方や転勤等で引っ越した方は、相続された土地が遠方になるケースもあります。予約制で都道からも近く、都内はもちろん全国のエリアに対応しているため、地方の土地や建物の売買であってもお気軽にご相談いただけます。

Contact

お問い合わせ

Related

関連記事